ボディソープや石鹸に含まれる合成活性界面剤は肌に悪い?!

その辺のスーパーマーケット、ドラッグストアなどで1,000円以下の安い価格で購入できるボディソープや石鹸などの中には必ずと言ってもいいほど「合成界面活性剤」が配合されています。

 

 

ですが、可能な限り合成界面活性剤が入っていないボディソープや薬用石鹸を使うにことにこしたことはないですね(`・ω・´)

 

 

ボディソープや石鹸などによく配合されている界面活性剤には2つの目的があります。

 

  • 肌の表面の汚れを強力に落とすための洗浄剤としての役割
  • 水と油を混ぜ合わせるための乳化剤としての役割

 

実は界面活性剤は自然のものもあったりします。おもに植物によく含まれていてサポニン、レシチンなど卵黄や大豆などに含まれる天然の界面活性剤があります。

 

また、界面活性剤には、海水などから水酸化ナトリウムを取り出して油と混ぜて乳化させるボディソープや石鹸もあります。

 

 

肌に悪いのはケミカル成分を合成して作られた合成活性界面剤です!

 

 

合成活性界面剤のデメリット

合成界面活性剤、いろんなボディソープに配合されているわけなのですが、実は真皮を荒らす大悪党。

 

というのも合成界面活性剤には、ヒューマンスキンに付いた汚れを落とす洗浄剤としての大きな役割を持っています。もちろん、きれいにする上ではかかせないです。

 

しかしこの合成活性界面剤は皮脂に残りやすく、ちょっとシャワーで洗い流してもそうそうカンペキには取り去れず、いつまでも表皮に残るという、ディスアドバンテージなデメリットを持っています。これがどういった結果をもたらすというと、、、

 

 

  • 悪玉菌から守ってくれている皮膚のバリアを壊す
  • ボディソープ中のケミカル添加物を浸透させる

 

このようなことが長く続くと、慢性的なカサカサ乾燥肌になってしまったり、女性の大敵!しみやしわを作り出してしまう原因となります。

 

 

肌の老化が早い人はこの合成活性界面剤を洗い流せずに肌の乾燥が酷い人に多いです。お風呂後に肌が乾燥して痒みを感じる人は界面活性剤のせいかもしれませんよ!

 

 

酷い時は黒皮症を引き起こしたりするトリガーとなる危険性もあります。

 

 

食器洗いとか、しますよね?

 

この時使うキッチン用洗剤ですが、この中にはすっごく強力な合成活性界面剤が配合されていることが多いです。食器洗いの時は素手でやる人も多い方思われますが、手が荒れがちになっていませんか?

 

 

これは、合成界面活性剤の作用が強力であることの証拠ですね。ひどいときはかゆみ、水疱を伴う「主婦湿疹」と呼ばれる症状を引き起こすことがあります。

 

 

成るべくであれば天然由来の界面活性剤のボディソープを使うことをオススメします。

人気ジャムウ石鹸TOP3!!

ロンタルハーバルソープ ジャムウハーバルソープ ドルチェローズ生ジャムウ

4個セットのまとめ買いで1個あたりのお値段1,687円

まとめ買いでも1個2,500円。しかし送料などは無料に

3個セットで1個あたり1,660円の最安値ジャムウ石鹸


一番選ばれているNo.1ジャムウ石鹸

ジャムウロンタルハーバルジェルソープ
日本人の肌質に合うようにアジア原産の天然ハーブにこだわって配合!一番デリケートなVゾーンに合わせた弱酸性。ニオイを防いでくれる肌の善玉菌を守ります。
また、デリケートゾーンに使うものだからこそ、防腐剤やタール系色素、硫酸系界面活性剤などは一切使っておりません。


おすすめのセットは? 1本でどのくらい長持ちする? このジャムウ石鹸の評価
初めて購入する人には、ジャムウロンタル4本+泡立てネットのセットが32%OFFで6,750円(送料無料)となり大変格安です! 1本の重量は156ml。デリケートゾーンにだけ使用している人ですと、1本で約2〜3か月ほど長持ちするとの報告があります!